スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の教育懇談会

◆教育懇談会 5/11(土)14:00~16:00 宇都宮大学教育学部
◇「新採教員としての1か月を振り返って-新採教員に語ってもらおう-」
・3月の事前研修(4月からの勤務校に行っての事前研修)から始まり、4月1日に赴任。すぐに県総合教育センターで新採研修。とにかく慌ただしい1か月が過ぎた。
・子どものことをよく見たい、ふれあいたいと思うのに、現実は紙(書類)やパソコンに向かっている時間が圧倒的に長い。
・紙(書類)は具体的には、毎日の日記(記録)、計画書の提出、広報、スクールカウンセラーの対応など、あげたらきりがない。もっと子どもを見たい、子どもに向き合いたい。
・忙しくても、今まで非常勤講師で5年間勤務してきたことが生かされているように思う。大規模校で別室登校、不登校の児童生徒の対応をしてきたのが、すごく勉強になった。
・毎日忙しいので、病気にならないように必死で生活している。
・このあと、参加者全員が、「なぜ教師になったのか」「教師になろうと思ったきっかけは何だったのか」「どんな教師になりたいのか」「夢は何か、どんな人生にしたいのか」…といったことを語り合った。教師になる原点、各々の人生の原風景が語られた。教師になろうと思う前には、何を目指していたか、推薦で大学に落ちた後に何を考えたか、なぜ自分を変えなくてはと思ったのか、公務員をなぜ目指そうとしたか、学生時代なぜ平和運動に取り組むようになったかなど…。
◇次回の教育懇談会
・6月22日(土)14:00~16:00
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・内容は未定
スポンサーサイト

1月の教育懇談会

1/27(日)の教育懇談会
レポート
「非常勤講師として勤務して」
 今年3月に大学院を卒業して、4月に初めて非常勤講師として指導にあたってきた約10か月の経験をレポートしてもらった。
・明るく素直な生徒が多いが、発言が少なく、発問しても返ってこないことがある。ワークシートを渡すと「何でこんなことやるんですか?」と面倒くさがる声が聞こえる。前任者と異なる指導法に戸惑いか→思春期の特性・特徴を踏まえた上で、生徒の考えや良さをいかに引き出すか?いかに子どもにかかわっていくか?思春期の発達段階を踏まえた指導を。
・授業は指導案を作成して指導している→4観点を発展させた自分の観点で評価しながら。
・指導内容が納得できないものになっているなど、筋が通らないことが多い。
・TTの授業の在り方について
・来年度から大学院に入り、小学校の免許取得し、教採にチャレンジしたい。
  レポートをもとに、中学校の教育現場の様子について意見を交換した。若い先生とベテランの先生の参加により、活発な懇談会となった。
◆次回の教育懇談会
・3月3日(日)14:00~16:00
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・実践報告

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

初めての学校勤務

 今年4月に初めて教員として指導にあたってきた経験から、学校や子どもたちの様子、授業の取り組み方等について意見を交換。小中一貫教育の問題点等が明らかになるとともに、このようなことが何故推し進められようとしているのかも、明らかになってきました。気になる子どもの指導についての意見交換では、諸々の問題を抱えた子どもの状況から、どのように指導していくべきか話し合われました。
◆次回の教育懇談会
・1月27日(日)14:00~16:00
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・実践報告…中学校における美術の授業と生徒の指導についての、この約1年間の教員生活について若い先生の実践レポートをもとにした意見交換がいたします。
プロフィール

サークル協議会

Author:サークル協議会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。