スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木の教育を考える集会

「栃木の教育を考える集会」は12月6日、もてぎ九条の会渡辺力栄さんを講師に「むかし戦争があった。そして」の講演を聴きました。
スポンサーサイト

6月の教育懇談会

◆教育懇談会 6/22(土)14:00~16:00 宇都宮大学教育学部
◇「若い先生から見た1学期の学校の様子と多忙感」
・約3か月の勤務でやっと落ち着いて子どもと向き合えるようになった。それまで忙しくてPCや文書とばかり向き合っていた。
・管理訪問が近い。提出表簿は4種類。みんなから励まされている。
・起立性調節障害について意見交換。
・教員採用試験、またその在り方について(出題内容、論文対策等について)
・今の中学3年生から実施される予定の県立高校特別選抜入試の制度…その数多くの問題点について
・教員免許更新講習について…現職教員からの問題点、大学側からの問題点、県教委にどのようなことを要望すべきか
・「栃木の教育を考える集会」について…9月に実施。記念講演会講師の増山均先生(早稲田大学教授)の都合により日時を決定する。講演会の前は、各校種別にパネリストを決め、パネルディスカッションを行う。
◇次回の教育懇談会
・7月28日(日)14:00~16:00
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・内容は、「学級担任としての1学期を振り返って」等

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

教育懇談会

◆教育懇談会 3/3(日)14:00~16:20 宇都宮大学教育学部
主な懇談内容は次の通りです。
◇「小中学生の生活時間と学習意欲」について
・子どもの学習意欲が低下?OECD他国よりは低いが低下はしていない
・中学入学で、学習意欲は回復する→中学入学でリセットしている生徒が多い
・NHK生活時間調査→起床時刻は変わらないが、就寝時刻が遅くなっている→睡眠不足
 →通塾時間が長くなり、休息時間・遊ぶ時間が削られている
・中学校の技術家庭の教員配置…技家どちらかの教員がいればいいことになっている
・教員免許、資格認定について…戦前は県ごとの検定試験
◇生活指導サークルの学習会に参加して…
・午前:先生方のレポートをもとにした実践で問題点を話し合う。
・午後:講演会…子どもの願いに応える指導。問題行動を起こすには何か原因がある。声なき声をさぐっていこう。
・何が苦しいのかを酌み取り、ここ(学校)は安心できる場所であるという環境をつくることが大切。
・指導は教えることではなく、その気にさせること。いかにその気にさせるか、子どもの要求や願いに応えるか。
・できたか、できなかったではなく、その中のできかたのプロセスが大切。
・トラブルはチャンス!と考え、教材にしてしまえ!
・強い指導というのは、子ども主体ではなく、教師主体なので、子どもが変わっていくことはない。
・管理…きまりを決めて、それに従わせること。指導…その気にさせること。
◇夏の「栃木の教育を考える集会」について
・8月は民間教育団体の全国大会や部活の大会等で日程調整が難しい
 →今年も9月中に実施の方向で
・記念講演会→第50回の記念大会→増山均先生(早稲田大学)に依頼(依頼済み)
◇次回の教育懇談会
・4月13日(土)14:00~16:00
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・実践報告…若い先生の実践レポートをもとにした意見交換がいたします。また、新年度の各学校、家庭での子どもたちの様子について情報交換します。

第49回栃木県教育サークル協議会研究集会

第49回栃木県教育サークル協議会研究集会
栃木の教育を考える集会
主催 栃木県教育サークル協議会
「栃木の教育を考える集会」実行委員会

 今年度から、中学校で新学習指導要領が完全実施されました。来年度は、高校でも完全実施されます。すでに先行実施されてきた内容をみると、子どもたちの負担が増え、今後は、さらなる詰め込み教育が予想されます。また、大津のいじめ問題をきっかけに、再び青少年の「いじめ」「自殺」の問題がクローズアップされ、学校の責任や教員の資質を問う声が強まっています。
 こうした情勢の中で、私たち教職員は、同僚や子どもたち、保護者や地域とどのように手を結び、どういう教育をめざしたらよいのでしょうか。
 今、先の見えない困難さの中で、多くの方々とつながり、共同して教育に取り組んでいくことが強く求められています。研究集会に参加するみなさん方とともに、日本の教育、栃木の教育を考えていきたいと思います。子どもたちの豊かな未来を築くために、ぜひ多くの方々に研究集会に参加していただきたいと思います。みなさんのご参加をお待ちしています。

[日 時] 2012年9月22日(土)13:30~17:30
[場 所] 宇都宮大学 教育学部 (会場案内図…裏面参照)
[日 程] 受付13:00~   [資料代] 1,000円
13:30~15:00 パネルディスカッション (90分)
「どうなる? 学校現場、その悩みと課題」
(教育学部2201教室)
15:20~16:30 記念講演 (70分)(教育学部2201教室)
16:40~17:10 質  疑 (30分)(    〃    )
記念講演
┌──────────────────────────────────────┐
│ 演 題 │
│「『金八先生』から考える 教育のこれまで、これから」 │
│講師 群馬大学大学院教授 山崎雄介 先生   │
└──────────────────────────────────────┘

[連絡先]
事務局 平野 秀雄
 TEL 0285-72-1977
※栃木県教育サークル協議会(サークル協)は、県内の教育研究サークル(教科研、歴教協、全障研、音楽教育の会、全生研、科教協など)で構成している教育研究協議会で、さまざまな教育の課題について、研究と実践を進めている教育研究団体です。



[会場案内図] 宇都宮大学 教育学部

教育学部棟(B) 2階2201室(③)が会場です。
※正門の守衛所で車を止め、駐車券をもらって大学構内に入り、
大学会館(⑮)奥の駐車場に止めて下さい。

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

第48回栃木県教育サークル協議会研究集会

プロフィール

サークル協議会

Author:サークル協議会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。