スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第53回栃木県教育サークル協議会研究集会

第53回栃木県教育サークル協議会研究集会

 全国学テと同日に実施されるようになった「とちぎっ子学習状況調査」が今年で3回目。県立高校では「特色選抜」が実施されて3年。栃木の学力問題は新聞にも取り上げられ、入試選抜制度の改革と併せて本格的な県民的議論が求められています。
 新学習指導要領の改訂作業が本格化してきました。道徳の教科化、アクティブ・ラーニングの導入やカリキュラム・マネジメントの提唱…「何を学ぶか」から「何ができるようになるか」へとその性格を変えつつあります。教育はどこへ向かおうとしているのか…一人ひとりの学力保障のための教育条件整備、増えてきた子どもの発達障害、学校の統廃合問題、さらには教職員の多忙化・超過勤務問題は…?
 私たち教職員は同僚や保護者、地域と連携し、一人ひとりの子どもたちの学び、成長する権利が保障され、子どもたちの笑顔が輝く学校づくりが求められていると考えています。子育てのこと、学校のことをみんなで話し合い、考えていきませんか。この集会は毎年、県内から子育てや教育に関わる人たちが集まって開催されている誰でも自由に参加できる集会です。

[日 時] 2016年11月19日(土)
    13:15~17:15
[場 所] 宇都宮大学 教育学部
     6号館1階2103教室
[日 程] 受付13:00~ [資料代]1,000円
13:15~14:10 タンザニア海外研修報告 (55分)
14:20~15:00 ワークショップ~海外の食文化~ (40分)
15:10~16:10 記念講演会 (60分) 
16:20~17:00 質疑・意見交換 (40分)
☆記念講演

演 題 「今、どんな学びの場が必要なの?
      ~ 子どもにも、教師にも、親にも ~ 」
         (だれにとっての『アクティブ・ラーニング』かを問う)
講 師 都留文化大学・白梅短大講師 霜村 三二 先生

◇霜村三二先生のプロフィール◇
 1950年生まれ。早稲田大学卒業後、埼玉県公立小学校教員。小学校現場にいた時から若い教師や学生たちの支援を続けており、その様子は「さんにゴリラのらぷれたあ」ブログで毎日発信しています。ことばあそび・詩の授業実践で「日本演劇賞」受賞。教育科学研究会「教育」誌の副編集長。「学びをつくる会」世話人。著書「らぷれたあ」、共著「教育をつくる」等。
 現在、都留文科大学・白梅短期大学講師として熱い教育論を語っています。「子どもたちは愛おしい」という思いと実践が綴られた学級通信は広く読まれています。

スポンサーサイト

栃木の教育を考える集会

「栃木の教育を考える集会」は12月6日、もてぎ九条の会渡辺力栄さんを講師に「むかし戦争があった。そして」の講演を聴きました。

12月の教育懇談会

◆教育懇談会 12/15(日)14:00~16:30 宇都宮大学教育学部
教育学部演習室1
◇意見交換
・小学校の実践報告…「楽しい学級をつくりたい~学級づくりの風景~」と題して、小学校の教員が今までの実践報告を報告。生活指導サークルは、子ども理解が優れているところである。そこで学んできたことを生かした学級づくりを紹介。子どもを深く理解した上での温かな指導、つねに子どもに対して笑顔でふれあい、やさしい眼差しで見つめる実践。学級びらきの具体的な取り組み、リーダーの育て方など学級づくりの視点について。授業の中における集団づくりにも言及。
 最後に、生活指導サークルについてPRも含めて語って実践報告を締めくくってくれました。
 実践報告後の質問にも丁寧に応えてくださいました。詳しいレジュメも準備してくださり、報告してくださったA先生に感謝!!

◇次回の教育懇談会
・2014年1月11日(土)13:30~15:00 ※いつもと開始時間が異なりますのでご注意ください。
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・内容は、新年の抱負(2014年の教育実践…どう取り組むか)等

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

6月の教育懇談会

◆教育懇談会 6/22(土)14:00~16:00 宇都宮大学教育学部
◇「若い先生から見た1学期の学校の様子と多忙感」
・約3か月の勤務でやっと落ち着いて子どもと向き合えるようになった。それまで忙しくてPCや文書とばかり向き合っていた。
・管理訪問が近い。提出表簿は4種類。みんなから励まされている。
・起立性調節障害について意見交換。
・教員採用試験、またその在り方について(出題内容、論文対策等について)
・今の中学3年生から実施される予定の県立高校特別選抜入試の制度…その数多くの問題点について
・教員免許更新講習について…現職教員からの問題点、大学側からの問題点、県教委にどのようなことを要望すべきか
・「栃木の教育を考える集会」について…9月に実施。記念講演会講師の増山均先生(早稲田大学教授)の都合により日時を決定する。講演会の前は、各校種別にパネリストを決め、パネルディスカッションを行う。
◇次回の教育懇談会
・7月28日(日)14:00~16:00
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・内容は、「学級担任としての1学期を振り返って」等

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

5月の教育懇談会

◆教育懇談会 5/11(土)14:00~16:00 宇都宮大学教育学部
◇「新採教員としての1か月を振り返って-新採教員に語ってもらおう-」
・3月の事前研修(4月からの勤務校に行っての事前研修)から始まり、4月1日に赴任。すぐに県総合教育センターで新採研修。とにかく慌ただしい1か月が過ぎた。
・子どものことをよく見たい、ふれあいたいと思うのに、現実は紙(書類)やパソコンに向かっている時間が圧倒的に長い。
・紙(書類)は具体的には、毎日の日記(記録)、計画書の提出、広報、スクールカウンセラーの対応など、あげたらきりがない。もっと子どもを見たい、子どもに向き合いたい。
・忙しくても、今まで非常勤講師で5年間勤務してきたことが生かされているように思う。大規模校で別室登校、不登校の児童生徒の対応をしてきたのが、すごく勉強になった。
・毎日忙しいので、病気にならないように必死で生活している。
・このあと、参加者全員が、「なぜ教師になったのか」「教師になろうと思ったきっかけは何だったのか」「どんな教師になりたいのか」「夢は何か、どんな人生にしたいのか」…といったことを語り合った。教師になる原点、各々の人生の原風景が語られた。教師になろうと思う前には、何を目指していたか、推薦で大学に落ちた後に何を考えたか、なぜ自分を変えなくてはと思ったのか、公務員をなぜ目指そうとしたか、学生時代なぜ平和運動に取り組むようになったかなど…。
◇次回の教育懇談会
・6月22日(土)14:00~16:00
・会場:宇都宮大学 教育学部A棟3階 教育学部演習室1
・内容は未定
プロフィール

サークル協議会

Author:サークル協議会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。